進行癌患者の終末期ケアへの移行を計画する(pdqâ®):進行癌患者のサポートケア[] – 終末ケアの質

進行癌患者、家族、友人、および腫瘍医師は、しばしば患者のQOLに深刻な影響を与える治療決定に直面しています。腫瘍学の臨床医は、患者および家族とともに、疾患指向治療または患者の症状およびQOLに向けられた継続的治療の潜在的な影響を探求する義務がある。

さらに、EOLの心肺蘇生(CPR)および集中治療室(ICU)に関連する結果についての情報は、EOLに近い進行癌の患者にオプションを提示するのを可能にする。

EOLケアの質

進行癌患者のEOLケアの質を測定するという目標に関連する質問には、以下のものが含まれます:[1]

患者の視点

ガンに限らず、生命を脅かす病気の患者のアンケートやインタビューは、高品質のEOLケアを構成するものの理解に役立ちます。 1つのグループの研究者は、患者がEOLの近くの5つの主要な治療領域を評価することを提案した:[2]

外来のがん診療クリニックに見られる進行癌のコホートにおけるQOLの2011年の前向き研究は、進行癌の良好なQOLに寄与する患者の視点についてのさらなる洞察を提供する[3]。コホートの中央生存期間は10ヶ月、その結果は死に近い患者の状況を反映しないかもしれない。それにもかかわらず、QOLの最も強い予測因子は、年齢、良好なパフォーマンス状態、および6カ月以上の生存期間であった。新しい治療を待っていた患者は、感情的な健康状態が悪かった。この経験は、QOLが疾患の進行およびその合併症などの要因、およびそれらが受けている治療に対する患者の目標に関連していることを示唆している。さらに、他の研究者らは、家族介護者は、患者のQOLの自己評価において進行癌患者よりも悪いスコアを報告することが多いと報告している[4]