膝の健康診断

完全な膝検査は、常に膝の苦情に対して行われます。両方の膝をチェックし、負傷した膝の結果を健常な膝の結果と比較します。医師はまた、神経や血管が損傷していないことを確認します。

赤み、腫れ、変形、または皮膚の変化を視覚的に膝で検査します。暖かさや涼しさ、腫れ、優しさ、血流、感覚のために膝(触診)を感じてください。膝の動きの範囲をテストし、音を聞きなさい。パッシブテストでは、あなたの医師はあなたの足と膝関節を動かします。アクティブなテストでは、あなたの脚と膝関節を動かすために筋肉を使用します。同時に、医師は音を鳴らしたり、挽いたり、クリックしたりするのを聞きます。膝を安定させる膝の靭帯を確認してください。テストには以下が含まれます。内外側副靭帯を検査する外反および内反検査。これらの検査では、診察台に横たわっている間、医師は片手を膝関節に、もう片方を足首に置き、脚を横に動かします。後十字靱帯を検査する後牽引検査。このテストでは、膝を90度の角度で曲げ、足をテーブルの上に平らにしてテーブルの上に横たえます。あなたの医者は、あなたの膝のすぐ下の脚の上に手を置き、脚にまっすぐに戻します。前十字靭帯(ACL)をチェックするLachmanテスト。このテストでは、あなたがテーブルに横たわっている間、あなたの医師はあなたの膝をわずかに曲げ、あなたの太ももを片手で持ちます。一方、彼または彼女はあなたのふくらはぎの上部を保持し、前方に引き寄せます。 Lachmanテストは完全なACL裂傷を診断する。 ACLをチェックする前方引出しテスト。このテストでは、膝を90度の角度で曲げ、足をテーブルの上に平らにしてテーブルの上に横たえます。あなたの医者は、膝のすぐ下の脚の上に手を置き、脚をまっすぐに引き上げます。 ACLをチェックするピボットシフトテスト。このテストでは、脚を伸ばし、医師は片手で膝をねじって体に向かって押しながら、あなたの子牛を片手で握っています。それはしばしば膝関節鏡検査の直前に行われ、麻酔後には筋肉を完全に緩和する。

あなたの医師があなたの病歴と上記検査に基づいて半月板に問題があると思われる場合、McMurray検査を行うことができます。このテストでは、あなたがテーブルの上に横たわっている間、医師は膝と足の底を保持します。足を回して膝を押しながら、あなたの足を押し上げて(膝を曲げる)。痛みや音やクリック感があると、メニスカスが傷つくことがあります。

膝の関節検査も行うことができる。このテストでは、医師が膝の緩みを測定するために器具を使用します。この検査は、痛みや身体的なサイズのため、身体検査が困難な人に特に便利です。関節鏡には、2つのセンサーパッドと圧力ハンドルがあり、医師が膝に力を入れることができます。この器具は、下肢にストラップで固定されており、センサーパッドは膝キャップとそのすぐ下の小さな隆起(脛骨結節)の上に置かれます。医師は、圧力ハンドルを引っ張ったり押したりして圧力を測定します。

あなたの試験には、怪我の程度を評価し、膝の他の部分への損傷を特定するための他のテストも含まれる場合があります。

膝の完全な身体検査は、訴えが最近または突然の(急性の)傷害であるか、または長期間または再発性の(慢性的な)症状であるかに関わらず、常に膝の苦情に対して行われる。

一般的に、通常の膝関節試験

これらの所見のいずれかが真実でない場合(例えば、膝が柔らかい場合)、膝を負傷する可能性があります。しかし、膝の検査の結果は、試験が膝の突然の傷害であるか、または長期間の症状であるか、また傷害が発生してからどのくらいの期間経過したかによっても異なる。異常所見は必ずしも膝が負傷しているとは限りません。医師は、検査の結果とあなたの病歴を使って診断を行います。

これらのテストは、膝の腫脹がほとんどまたはまったくなくても、リラックスすることができ、医師が膝と脚を自由に動かすことができる場合に最良の情報を提供します。そうでない場合、膝を正確にチェックするのが難しい場合があります。

あなたの膝が赤い、熱い、または非常に腫れている場合、膝関節から流体を除去することを含む膝関節吸引(関節症)を行うことができる。これは

局所麻酔薬を吸引後に注入して痛みを軽減し、検査を容易にすることができる。

関節鏡検査を受ける予定の場合、手術前に手術室で膝を診察することができますが、一般的または脊髄の麻酔下に置いてください。

このテストの準備に役立つ医療試験情報フォーム(PDF)(PDF文書とは何ですか?)を記入してください。

William H. Blahd、Jr.、MD、FACEP – 緊急メディシン; Freddie H. Fu、MD – 整形外科手術

2014年6月4日

膝は自然な力を持っています。触ったときの膝は柔らかくはありません。両膝は同じように見え、動く。膝関節の中または周囲に体液の徴候はない。膝と脚は、靭帯を検査するときに正常に動く。膝構造が動かされたり、応力が加えられたりすると、異常なクリック、ポッピング、または研削は起こりません。つま先はピンクと暖かく、下肢や足に無感覚はありません。

痛みや圧力を和らげ、身体検査を楽にし、より快適にすることができます。関節液に感染や炎症がないかチェックしてください。関節液に血液があるかどうかを確認します。これは靭帯や軟骨に涙が入っている可能性があります。壊れた骨を示すかもしれない脂肪の滴があるかどうか確認してください。