授乳中のパロキセチンの使用

パロキセチンを含む薬物:パキシル、パキシルCR、ブリスデル、プシュバ

母乳中のパロキセチンのレベルが低いため、乳児が摂取する量は少なく、パロキセチンは試験されたほとんどの乳児の血清中に検出されていない。妊娠後期にパロキセチンを服用した母親の乳児では、軽度の副作用が報告されていますが、母乳中の薬剤の寄与は明らかではありません。最も権威のある査読者は、母乳育児の間にパロキセチンを好ましい抗うつ薬の1つと考えている[1] [2] [3] [4] [5]妊娠中および出産中にSSRIを服用している母親は、母乳育児が困難な場合があり、母乳育児のサポートがさらに必要になる場合があります。妊娠第3期にSSRIに暴露された授乳児は、新生児適応が貧しいというリスクは、処方給餌児に比べて低い。

母性レベル。公表された研究および未公表の3例の血清レベルのプール分析では、平均一日量21mg(範囲10〜50mg)の母親50名が平均パロキセチンレベル28mcg / L(範囲0〜 153mcg / L)[1]この論文の平均投与量と牛乳量のデータを使用すると、母乳育児を受けた乳児には、パロキセチンの母体の体重調整用量の推定1.2%が与えられます。

著者らは、パロキセチンを平均日用量20 mg(範囲10〜30 mg)で摂取した6人の母親のデータから、母乳育児のみの乳児は母体の体重調整用量の1.4%を摂取すると推定した[6]

産後2ヵ月時点で、毎日平均25mgのパロキセチンを服用していた19人の母親が、前回の投与後の無作為時に平均13.5mcg / Lのミルクレベルを示した。著者らは、母乳育児のみが毎日0.02 mg / kgのパロキセチンを投与されると推定している[7]

女性は妊娠中に毎日15mgのパロキセチンを服用していました。彼女は、配達の前に22.75時間に、または配達の日に投与量を受けなかった。彼女は産後24時間にパロキセチン15mgを毎日再開した。 3回目の分娩後3.75時間で、彼女の母乳パロキセチンレベルは371mcg / Lであった[8]

産後6.5〜18.5週の4人の授乳中の母親が産後の大うつ病のためにクエチアピンに加えてパロキセチンを毎日12.5〜60mgの用量で服用していた。投与後の様々な時点で得られた乳腺サンプルは、3匹の母親においてパロキセチンの検出不能レベル(<9.9mcg / L)を有していた。毎日50mgを服用していた母親は、ミルクパロキセチンレベルが255mcg / Lであった[9] 幼児のレベル。パロキセチンを母体とした1875 mg(1日平均投与量)の母親の治療中に、6〜13週齢の乳児16人(授乳中約2%、授乳中約50%、授乳中約95%以上)がパロキセチンの血清レベルが検出不能(<1 mcg / L) 5〜30mg)[10] 出版されたおよび未公表の症例の40人の母親 - 乳児ペアのプール分析において、著者らは、測定可能なパロキセチン血漿レベルを有する乳児はいなかったことを発見した[1] 母親がパロキセチンを平均1日量20mg(範囲10〜30mg)で摂取している2〜33週齢の乳児6例(雌雄とも)では、すべての幼児においてパロキセチンは検出されなかった(<1.6mcg / L)血清。毎日20mgを摂取した母親と幼児の両方が貧しい代謝拮抗剤(CYP2D6 * 4のホモ接合体)であったが、乳児血清ではパロキセチンは検出されなかった[6] 産後2ヵ月の時点で、毎日平均25mgのパロキセチンを服用していた19人の母親の母乳育児の平均パロキセチン値は0.95mcg / Lであり、これは母体血清レベルの5%であった[7]。 母乳中のパロキセチンと関連があった可能性のある1人の乳児の激しい授乳および授乳困難(年齢およびその他の詳細は報告されていない)は、オーストラリアの有害薬物反応諮問委員会に報告された[11] 妊娠中にパロキセチンを服用した母親(診断は報告されていない)の制御されたコホート研究では、36人の母親が第3妊娠中にパロキセチンを服用し、乳児に授乳を行った。これらのうち、覚醒(6)、便​​秘(3)、眠気(1)、過敏性(1)を含む幼児の副作用が報告されています。第3妊娠または授乳中に母乳を摂取し、パロキセチンを使用しなかった母親の対照群に副作用の報告はなかった。薬物の経胎盤および母乳獲得の相対的な寄与は決定できなかった[12] 大うつ病の妊娠中にSSRIを服用した母親の乳児を、SSRIを受けていないうつ病の母親の乳児と比較した研究では、精神発達と大部分の運動発達は、両群とも平均して12.9ヶ月で正常であった。治療を受けた母親のうち4人が、授乳中(明示されていない限り)に平均して7.8ヶ月間平均28.6mgの用量でパロキセチンを服用した。精神運動の発達は対照と比較してわずかに遅れていたが、異常な発達に対する母乳育児の寄与は決定できなかった[13] 予定されているコホート研究では、母親が母乳育児の間に毎日平均20.7mgのパロキセチン(診断は報告されていない)を少なくとも2週間服用した27人の乳児を評価した。 2つの対照群は、母乳育児もSSRIも受けていない2群の母親からなっていた。 27人の母親のうち7人を除く全てが妊娠中の一部でパロキセチンを摂取した。 3ヶ月の体重はパロキセチン群では少なかったが、多変量解析では、母親のパロキセチン使用は決定要因ではないことが示された。 6ヵ月および12ヵ月の体重は、対照群および他の発達期のマイルストーンと通常の時には異ならなかった。パロキセチンに暴露された乳児の1人(年齢は記載されていない)は、母親が過敏症であると報告された[14] 産後4週間以内に開始するうつ病または不安のために毎日平均20.4mgのパロキセチンを投与した15人の母親は、乳児を4ヶ月間のみ授乳し、5,6ヶ月間は少なくとも50%を授乳した。乳児は6ヶ月の体重増加国家の成長基準に従って正常であり、母親は乳児に異常な影響を報告していない[15]。 母親がパロキセチンを1日当たり10〜30mg摂取していた2〜33週齢の乳児6匹(記載されていない程度)の乳児では、試験時に臨床的に有害反応は認められなかった[6] パロキセチンを服用している母親から生まれた乳児は、パロキセチンレベルが母親の出生時の約3分の1であった。乳児は、明らかに高血清レベルの原因であった遺伝的に乏しい代謝物質であった。乳児は子宮内で得られたパロキセチンに起因する症状を呈したが、母親は毎日パロキセチン30mgを服用し、母乳育児を続けた(記載されていない程度)。 4ヵ月齢で、乳児は正常に体重を増やし、神経学的副作用の徴候はなかった[16]。 2週間の嘔吐歴を有する18歳の乳児は、低カリウム血症、低血糖性アルカローシスおよび軽度脱水症を有することが判明した。幼児は2〜3カ月前に同様の画像で2回入院した。血清レニンおよびアルドステロンは正常であった。幼児の母親は、乳児のうつ病および母乳育児(記載されていない程度)のために、毎日パロキセチン40mgを約1年間服用していた。パロキセチンは、母親の母乳および乳児の血清中に検出されたが、定量化されなかった。授乳が中止され、乳児は6週間後に正常な代謝プロファイルで繁栄していた。著者らは、乳児の代謝異常が、パロキセチン誘発性の抗利尿ホルモン分泌症候群に起因していると考えている[17]この反応はおそらく母乳中のパロキセチンによって引き起こされたが、強い証拠は欠けており、他の可能な原因は排除できない。 小規模な研究では、妊娠中または妊娠中および授乳中にSSRIを服用したうつ状態の母親の乳児の疼痛への反応を、非妊娠母親の未熟児の対照群に比較した。出生前にSSRIに曝露された幼児は、幼い頃または誕生前および誕生前のいずれかで母乳を介して制御幼児と比較して鈍い反応を示した。 30人の乳児のうち19人がパロキセチンに曝露された。うつ病、非麻薬の母親の対照群がなかったので、うつ病に起因する母親の行動による影響を除外することはできなかった。著者らは、これらの知見が、SSRI治療中の妊娠中のうつ病の薬物治療の回避や母乳育児の回避を保証していないことを強調した[7] 授乳中の母親のSSRI抗うつ薬の副作用に関する1件の研究では、母親がパロキセチンを服用していた3人の乳児の治療が必要であるという副作用は認められなかった。母親のパロキセチンの投与量、母乳育児の程度、幼児の年齢に関する具体的な情報は報告されていない[18] 双極性障害を有する授乳中の母親は、産後4ヶ月で20mgのパロキセチンを服用し始め、出産後6ヶ月でクエチアピン200mgを1日2回投与した。彼女は定期的に(記載されていない程度まで)授乳を受けており、乳児に明らかな副作用は認められなかった[19] 産後6.5〜18.5週の4人の授乳中の母親が産後の大うつ病のためにクエチアピンに加えてパロキセチンを毎日12.5〜60mgの用量で服用していた。彼らの母乳育児は、ベイリースケールを用いて9〜18ヶ月齢で試験した。 1人の乳児の精神および精神運動発達スケールでの測定値は若干低く、別の精神発達スケールではどちらの乳児も血清パロキセチンレベルが検出できなかった(<9.9mcg / L)。他のすべての乳児は正常範囲内のスコアを有していた。著者らは、2人の乳児の低スコアは、おそらく乳児の乳児が受け取った薬物によって引き起こされたものではないと結論している[9] コントロールされていないオンライン調査では、抗うつ薬を服用している間に乳児を看護した930の母親のデータを集計しました。幼児薬の中断症状(例えば、過敏症、低体温、制御不能な泣き、食べ物および睡眠障害)は、乳児の約10%で報告されている。授乳中のみ抗うつ薬を摂取した母親は、妊娠中および授乳中に薬物を摂取した人よりも幼児の中で薬物中止の症状に気付く可能性がはるかに低かった[20] 妊娠第3期中に胎児の抗うつ薬に暴露された247人の乳児の集団を、新生児適応が不良であると評価した(PNA)。 247人の乳児のうち、154人がPNAを発症した。処方のみが与えられた乳児は、排他的または部分的に授乳を受けた乳児と同様に、PNAを発症するリスクの約3倍のリスクがありました。幼児のうち49人が子宮内でトパロキセチンに曝露された。 パロキセチンは、非妊娠の非看護患者において、通常はプロラクチンレベルが上昇した乳汁漏出を引き起こす可能性がある[22]。[26] [27] [28]高プロラクチン血症およびその症状(例えば、女性化乳房)がフランスの薬物動態センターに報告された場合、パロキセチンは他の薬物と比較して高プロラクチン血症を引き起こすリスクが3.1倍高いことが判明した。確立された泌乳を有する母親のプロラクチンレベルは、母乳育児能力に影響しないかもしれない。 小規模の前向き研究では、セロトニン再取り込み阻害剤(SRI、フルオキセチンを服用した3名、シタロプラム、デュロキセチン、エスシタロプラム、パロキセチンまたはセルトラリンを1名ずつ服用していた)8人をSRIを服用していない母親と比較した。 SRIを服用している母親は、対照と比較して平均16.7時間遅れた乳汁分泌の活性化(乳汁分泌II)がみられた(SRI治療母親では85.8時間、未治療母親では69.1時間)未処置群の遅延摂食行動しかし、産褥4日後に摂食障害を経験した母親の割合において、群間に統計学的有意差がなかったため、乳酸発生IIの遅延は臨床的に重要ではない可能性がある[30] 症例対照試験では、SSRI抗うつ薬を妊娠中および服用中(n = 167)または妊娠中のみのSSRI(n = 117)の母親の産後2週間の母乳摂取率を対照群の母親に比較した抗うつ薬はない(n = 182)。 SSRIを服用した2人のグループのうち、33人がシタロプラムを、18人がエスシタロプラムを、63人がフルオキセチンを、2人がフルボキサミンを、2人がパロキセチンを、78人がセルトラリンを服用した。 SSRIを服用した女性のうち、産後2週間の母乳育児率は、抗うつ薬を服用していない母親に比べて27%〜33%低く、SSRI暴露群の母乳育児率に統計的差はなかった。 ノルトリプチリン、セルトラリン 1. Weissman AM、Levy BT、Hartz AJ et al。授乳中の母親、母乳、授乳中の乳児における抗うつ薬濃度のプール分析Am J Psychiatry。 2004,161:1066-78。 PMID:15169695 2.母乳育児医療委員会アカデミー。 ABM臨床プロトコール#18:授乳中の母親の抗うつ薬の使用。母乳育児2008,3:44-52。 3. Lanza di Scalea T、Wisner KL。母乳育児中の抗うつ薬の使用。 Clin Obstet Gynecol。 2009,52:483-97。 PMID:19661763 4. Berle JO、Spigset O.母乳育児中の抗うつ薬の使用。 Curr Women's Health 2011,7:28-34。 PMID:22299006 5. Orsolini L、Bellantuono C.セロトニン再取り込み阻害薬および母乳育児:系統的レビュー。 Hum Psychopharmacol。 2015,30:4-20。 PMID:25572308 Berle JO、Steen VM、Aamo TOらセロトニン再取り込み阻害剤による妊婦の抗鬱剤治療の母乳曝露、臨床症状、およびシトクロムP450遺伝子型。 J Clin Psychiatry。 2004,65:1228-34。 PMID:15367050 Oberlander TF、Grunau RE、Fitzgerald C et al。出生前および出生後のセロトニン再取り込み阻害薬投薬暴露後の2ヵ月齢の乳児における疼痛反応性。小児科。 2005,115:411-25。 PMID:15687451 8.子宮内曝露後の新生児におけるKnoppert DC、Nimkar R、Principi T、Yuen D. Paroxetine毒性:臨床症状は血清レベルと相関する。 Therrug Monit。 2006,28:5-7。 PMID:16418684 9.授乳期におけるMisri S、Corral M、Wardrop AA、Kendrick K. Quetiapineの増強:一連の症例報告。 J Clin Psychopharmacol。 2006,26:508-11。 PMID:16974194 10.Hendrick V、Fukuchi A、Altshuler L et al。看護婦によるセルトラリン、パロキセチンおよびフルボキサミンの使用。 Br J精神医学。 2001,179:163-6。 PMID:11483479 11.ロハンA.ヒト乳中の薬物分布。 Aust Prescriber。 1997,20:84。 12.Costei AM、Kozer E、Ho Tら。パロキセチンへの第三期曝露後の周産期転帰。 Arch Pediatr Adolesc Med。 2002,156:1129-32。 PMID:12413342 13. Casper RC、Fleisher BE、Lee-Ancajas JC et al。妊娠中に抗うつ薬に暴露されたまたは暴露されていないうつ病の母親の子供のフォローアップ。 J Pediatr。 2003,142:402-8。 PMID:12712058 14.母乳摂取中のMerlob P、Stahl B、Sulkes J. Paroxetine:幼児の体重増加および母親の弁護士の遵守。 Eur J Pediatr。 2004,163:135-9。 PMID:14745552 15. Hendrick V、Smith LM、Hwang S et al。抗うつ薬を服用している母親の母乳育児における体重増加。 J Clin Psychiatry。 2003,64:410-2。 PMID:12716242 16. Laine K、Kytola J、Bertilsson L.妊娠後期にパロキセチンに曝露された後に2つの欠陥のあるCYP2D6対立遺伝子を有する新生児に重度の有害作用。 Therrug Monit。 2004,26:685-7。 PMID:15570195 17. Abdul Aziz A、Agab WA、Kalis NN。重度のパロキセチンは母乳栄養児の低ナトリウム血症を誘発した。 Jバーレーンメッドソク2004,16:195-8。 乳児の授乳中のシタロプラムの使用に関連する幼児の有害事象の頻度。 Am J Obstet Gynecol。 2004,190:218-21。 PMID:14749663 19.混合感情状態を有する分娩後発症双極性障害におけるRitz S. Quetiapine単独療法。 Eur Neuropsychopharmacol。 2005,15(Suppl 3):S407。抽象。 20. Hale TW、Kendall-Tackett K、Cong Z et al。母親が妊娠中または授乳中に抗うつ薬を服用した新生児の中止症候群。母乳育児PMID:20807106 21. Kieviet N、Hoppenbrouwers C、Dolman KM et al。子宮内の抗うつ薬に曝露した後の新生児適応の不良のリスク要因。 Acta Paediatr。 2015,104:384-91。 PMID:25559357 22. Davenport E、Velamoor R.パロキセチン誘導性乳汁漏出症の1例。缶J精神医学。 2002,47:890-1。 PMID:12500767 23. Morrison J、Remick RA、Leung M et al。パロキセチンによって誘導されるガラクトース缶J精神医学。 2001,46:88-9。 PMID:11221498 24. Bonin B、Vandel P、Sechter D et al。パロキセチンおよびガラクトヘルサ。 Pharmacopsychiatry。 1997,30:133-4。 PMID:9271780 25. Gonzalez E、Minguez L、Sanguino RM。パロキセチン治療後の乳汁漏出。 Pharmacopsychiatry。 2000,33:118。文字。 PMID:10855465 26. Egberts ACG、Meyboom RHB、De Koning FHP et al。抗うつ薬の使用に関連する非産褥泌乳。 Br J Clin Pharmacol。 1997,44:277-81。 PMID:9296322 27. Chakraborty S、Sanyal D、Bhattacharyya R、Dutta S.正常な血清プロラクチンレベルを有するパロキセチン誘発性乳汁漏出症の1例。 Indian J Pharmacol。 2010,42:322-3。 http://ijp-online.com/text.asp?2010/42/5/322/70399 28. Sertcelik S、Bakim B、Karamustafalioglu O. [高血清パロキセチン誘発性乳汁漏出、正常血清プロラクチンレベル:症例報告]。 Klin Psikofarmakol Bul。 2012,22:355-6。 29. Trenque T、Herlem E、Auriche P、Drame M.セロトニン再取り込み阻害薬および高プロラクチン血症:フランスの薬物動態データベースのケーススタディ/非ケーススタディ。 Drug Saf。 2011,34:1161-6。 PMID:22077504 30. Marshall AM、Nommsen-Rivers LA、Hernandez LL et al。乳腺におけるセロトニン輸送および代謝は、分泌活性化および退縮を調節する。 J Clin Endocrinol Metab。 2010,95:837-46。 PMID:19965920 31. Gorman JR、Kao K、Chambers CD。妊娠中の抗うつ薬に暴露された女性の母乳育児。 Jハムラクト。 2012,28:181-8。 PMID:22344850 パロキセチン 61869-08-7 抗うつ薬 セロトニン摂取抑制剤 327 20150331 このデータベースに記載されている情報は、専門的判断の代わりに使用するものではありません。特定の状況に関連した母乳育児アドバイスについては、医療提供者に相談する必要があります。米国政府は、本サイト上の情報の正確性または完全性について、いかなる保証も責任も負わないものとします。